Creators

​当協会を支えてくれているクリエイターたち
後藤 成慈
宮下清正

1949年富士吉田生まれ。 35年間のプロラボ勤務をへて現在無職との事ですがたまに趣味で富士山を撮影をされています。 大明見で生まれ育ち地元住民が元気で生き生き暮らせるよう日々活動されています。 最近は特にトレイルランの普及にも努められアスリートのみなさんが安心安全にコースを走れるよう力を注がれていらっしゃいます。 https://www.facebook.com/profile.php?id=100015319530554

土屋洋一郎

天子七廟の地元、大明見の生れ。 写真クラブ[青空写友会]所属。 各種写真コンテストに於いて入賞多数。 宮下清正さんと一緒に今回写真撮影のご協力をして下さいました。 お二人共、今回の撮影に至ったお気持ちは「生まれ育った明見エリアで2200年の時空を超えた歴史的事実の発見に感動し、天子七廟観光協会の趣旨や思いに共感共鳴した事で賛同し協力しました」とおっしゃられていました。

​ニハチ

「 静黙とした違和感」をテーマに、普段は背景に人物を置いたイラストを描きTwitterやinstagramを拠点に活動しています。その他にもさまざまな幅広いジャンルに渡ってイラストを描いています。

Twitter→@ich_rok

 

 

 

 

 

Instagram → @ni_ha_chi

twitter_nihachi.png
instagram_nihachi.png
Dice-K

「我々はどこから来て、どこに向かっていくのか?」をテーマに、古代史から未来・意識進化までを探求する旅人。当ウェブサイトのディレクター。2009年の奄美大島皆既日食音楽祭に密着したドキュメンタリー映画「MOON SHADOW」のエグゼククティブプロデューサー。

 

Instagram → @dice_k.simoon

スクリーンショット 2022-11-30 19.21.13.png
Emi
​「龍からの伝言」のプロデューサー及びディレクター兼デザイナー。活動は幅広く、商業デザインから、芸術的なデザインまで幅広く活躍中。

世界的な半導体やコンピューター企業でIT関連の仕事に従事されたのち、忍野村へ帰郷してからは富士五湖エリアの観光業者のパソコンサポートをメインに最先端技術で幅広くクライアントの要望に応えてくださる頼りにされる存在であります。 また、地元愛が強く社会貢献活動も熱心なお方です。 https://www.facebook.com/jgotoh